麗ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?花萌ゆる8人の皇子たち

麗ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?麗~花萌ゆる8人の皇子たち~

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?

第8皇子ワン・ウクは最高純度の優しさで女心を溶かす知性派男子で完璧皇子です。

ウクは死ぬのか・・・本当に死ぬのならなぜ死ぬのでしょうか・・・

そして最後に登場する謎の娘はウクの娘なのでしょうか・・・

それとも・・・

ドラマはいよいよクライマックスです。

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?

今回は、その真相について解説していきます。

最後までお楽しみください^^

\U-NEXTなら独占見放題配信中!/

/簡単3分で登録完了\

Sponsored Link

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ワン・ウク役カン・ハヌルに胸キュン♡

第8皇子最高純度の優しさで女心を溶かす知性派男子で完璧皇子ことワン・ウク役を演じたのはカン・ハヌルさんです。

  • 名 前: カン・ハヌル (Kang HaNeul)
  • ハングル表記: 강하늘
  • 生年月日: 1990年 2月 21日(30歳)
  • 身長/体重: 180cm, 70kg
  • カテゴリ: タレント、俳優
  • デビュー: 2007年ドラマ「最強!うちのママ」
  • 学 歴: 中央大学演劇学科
  • 干支(えと): 午年
  • 星座: 魚座
  • 韓国の所属事務所: セムカンパニー

 

大人気の俳優ですが、麗での役柄は完璧王子から皇位争いに溺れていきます。

知性派で優しいワン・ウク皇子からの変貌に、衝撃を受けるファンも多かったのではないでしょうか。

Sponsored Link

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ワン・ウクは2人いる?

【麗~花萌ゆる8人に皇子たち~】には、2人の皇子が存在します。

混乱してしまう方も多いと思いますので、2人のワン・ウクについて説明していきます。

第8皇子   ワン・ウク/カン・ハヌル

カン・ハヌルが演じる第8皇子 ワン・ウク皇子!

文武を兼ね備え、スマートで優しく知性に溢れた完璧な男で第4皇子とは同い年

しかし、第4皇子とは全く違う運命と性格を持って育ちます。

身分の上下に関係なく、自分の周りに人を集める才能にたけた、生まれつきのリーダーであり政治家!

母方の実家ファンボの一族は、ウクを次期皇帝に立てるために総力を挙げています。

一族の期待と責任を押し付けられて、これまで自分の人生を楽しむことなどなかったそんな彼の前にある日、ヘ・スが現れます。

これまで上品に生きていたウク皇子に笑いと涙、平凡な幸せを手にしたいという欲望を教えてくれたのがヘス。

幼くして政略結婚したヘ氏夫人とひたすら礼儀正しい関係を維持してきたウク皇子に、生まれて初めて

「愛」という感情を教えてくれたヘ・スでした。

ヘスを手に入れるため、激しい皇位争いに必ず勝たなければならない状況に追い込まれていきます。

 

第13皇子 ペガ(ワン・ウク)/ナム・ヒョジュク

母が新羅の王族で、幼い頃から芸術に対する高い知識を持っていたペガ。

特に楽器が得意で、兄弟たちは同じ名前「ウク」の第8皇子と区別するため、中国の故事にちなんで彼を「ペクア(伯牙)(ペガ)」と呼ばれていました。

高麗を代表する美男子で外出すれば、松岳の女性が裸足で飛び出してくるという噂が広がるほどの美形なペガ皇子でした。

 

Sponsored Link

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ウクは死ぬ?

幽閉が続くウク皇子はは、ワン・ソが、高麗で最強の皇帝になるだろうと思う傍ら、肺病に侵されていきます。

ある日第8皇子ウクの元に、第13皇子ペガが訪れます。

陛下が“貞観政要”を閉じ動き始めた。奴婢の身分回復、科挙の実施、豪族を抑えるためだ。

ソがどんな皇帝になっていくか見ているのだ。高麗は史上最も強い皇帝に出会ったようだ」とウク。

ペガ「多くを諦めましたから。」

ウクはそれを聞き頷きます。

ウク「近頃あらゆる人を思い出す。」

ペガ「相変わらずヘ・スが恋しいですか?」

ウク「さあな」

と言って笑い、

「私は誰かを想うことにしくじってばかりだった。やっと分かった。」

と言ってウクは、亡くなった奥さんが浮かぶのでした。

このシーンは、最後に気が付いたウクの本当の愛・・・

ですが時はすでに遅し・・・・

ワン・ソの元にやってきたぺガはワン・ウクが亡くなったことを告げます。

ウクが最近いろいろな人を思い出すと言っていたのは、死がウクに近づいていたのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】最後に登場するのはウクの娘?

麗ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?麗【~花萌ゆる8人の皇子たち~】

最終回で突然登場した謎の少女「ポクスン」

恋人だったウヒが命を落としてショックを受けたペガ皇子は、皇宮を去っていろいろな国を旅に出かけます。

そしてある日、ウク皇子の家を訪ねたペガ皇子は、ある少女に出会います。

ペガ皇子は、少女の名前を聞いて驚きます。

さらにその少女が持っていた飾りがウヒのものとそっくりでした!

このシーンの「ポクスン」という少女は、もしかしたウヒの子供?と思った人も多いでしょう、

しかしこの少女はとウヒはなんの関係もありません。

この少女、『ポクスン』はウク皇子の子供です!

このドラマの中では、ウク皇子の妻ミョンは子供を産まずに亡くなりました。

しかし実際のウクの妻は子供をもうけたそうです。

その子供がおそらくこの最終回に出てきたのかもしれません。

そしてペガのウヒへの想いを再度表現するためにこのシーンだったのかもしれません。

ウクは、ソに幽閉され、そこで肺を患い、最後には死んでしまいます。

ウクが住んでいる屋敷には、ポクスンというウクの娘がおりたまたま訪れたペガと会います。

その娘は、仕草も身に着けているものさえも亡くなったウヒのようで、ペガのウヒへの熱い想いが描かれていました。

また、最近懐かしい人を良く思い出すとペガに話すウク・・・

最後に思い出されるのは、亡くなった奥さんのことでした。

亡くなってから気が付いた本当の愛・・・

本当にこのドラマはいつハッピーエンドのストーリーが見られるでしょうか・・・

切なすぎる愛と悲劇の歴史を観てみたい方はこちらから。

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?まとめ

いかがでしたでしょうか?

ウクの最後のシーンも悲しすぎますね。

このドラマの登場人物の最後はあまりにも悲しく切ないものばかりで、涙なしで観ることはできません。

【麗~花萌ゆる8人の皇子たち~】ウクは死ぬ?最後に登場するのはウクの娘?

最後までお読みいただき有難うございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください