安斉かれんの演技がヤバイ!「M愛すべき人がいて」評判や感想は?

安斉かれん「M愛すべき人がいて」の演技がヤバイ!評判や感想は?

土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」が4月からテレビ朝日とAbemaTVで始まります。

三浦翔平さんとW主演となる安斉かれんさんの演技がヤバイ!「M愛すべき人がいて」評判や感想は?

デビューから一度もメディアに登場していなかった謎の新人歌手、安斉かれんさんの演技はどんな感じなのか気になりますよね。

安斉かれんさんの演技がヤバイ!「M愛すべき人がいて」評判や感想は?

について調べてみました。

 

Sponsored Link

安斉かれんがあゆ役に選ばれた理由は?

安斉かれんさんがあゆ役に選ばれた理由がきになりますよね。

顔が似ているのはもちろんだと思いますが、他にも何か決定的な理由はあったのでしょうか?

「その瞳の力強さを見た時に、この方にかけてみようと思いました」と説明。

「ドラマは平成の歌姫誕生物語ですが、撮影は安斉かれんの成長物語、リアル歌姫誕生の物語。

いわばドキュメンタリーだとも思っています」

 

制作側は安斉さんの強いまなざしに何かを感じたようです。

【M 愛すべき人がいて】の内容は?

浜崎あゆみの告白を元に書かれた小説「M 愛すべき人がいて」は音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長との交際を初告白した激白小説です。

発行部数16万部と大ヒットし、映像化のオファーが相次いでいました。

まだまだヴェールに包まれていて、どんなドラマになるのかはわからないことばかりですが、小説が原作なので大筋は変わらないと思われます。

 

Sponsored Link

安斉かれんの演技がヤバイ!

 

安斉かれんさんはモデルプレスのインタビューで↓のように答えています。

小さい頃からエレクトーンやアルトサックスなどいろんな楽器を習っていました。

あと、父親と一緒にローリング・ストーンズのライブに行っていたので、音楽にずっと関わっていきたいと思っていました。

曲を作ったり、楽器のインストラクターをやったりと、裏方を目指していたんですけど、あるとき、歌を歌う機会があって、そのとき声も楽器なんだと思って、エイベックスの原宿アカデミーに通うことになりました。

そこからは歌が大好きになって、歌でやっていこうと決意しました。

 

なので演技経験はないといっても過言ではないようです。

インタビューでは他にも今後の目標についてこう答えています。

まずはドラマを頑張ること。

でもこの先、どんなに環境が変わったとしても、変わらないでいたいなと思います。

主体は音楽ですが、演技も音楽活動に活きていくと思うので、両方やっていきたいです。

 

かなりの努力家のようなので、演技も一生懸命練習していると思われます。

どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

 

Sponsored Link

M 愛すべき人がいて|評判や感想は?

脚本が鈴木おさむさんなのは確かにびっくりですよね。

やはりドラマに期待している声が多いようですね。

 

Sponsored Link

まとめ

詳しい内容はこれから徐々に明かされてくと思われる【M 愛すべき人がいて】。

安斉かれんさんと三浦翔平さんで描かれるドラマに期待大です!

安斉かれんの演技がヤバイ!「M愛すべき人がいて」評判や感想は?

について調べてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください